有限会社キャットキッズクラブ
 
CKCロゴ
電話問い合わせ
お問い合わせフォーム
トップ
トップページ
会社概要
イベント制作
コンサートディレクション
特殊効果演出
よさこい制作
ポップコーンビジネス
ウルトラマン
宇宙人とUMA未知生物との遭遇展
CKCブログ
お問い合わせ
LINKS
CKC特殊
トップページ業務案内よさこい制作>音響・音源について
HOME よさこいとは 音響・音源 地方車・照明 衣装・振付 仕事の流れ
■音響について


音響


よさこいPAの選び方

「よさこいPA」の選び方のアドバイスなんか書きます。
まっこちらもですねーあくまで音楽ですから好きな音色、嫌いな音色は各人の嗜好の問題なので、あくまで一般論と私の好みですから。



ラインアレー系スピーカーてなんじゃろ?

最近よく聞く「ラインアレー系スピーカー」
これはですね、簡単に書くと後方へ良く音を飛ばすことの出来るスピーカーです。
なので隊列の長いチームで踊り子の踊り易さを重視しているチームでは重宝されています。
「十人十彩」さんとかは、このラインアレー系の最高峰?X-LINEを使用してます。
但し、ラインアレー系には弱点もあります。
まず、指向性が狭いので、スピーカー前の踊り子には、まっすぐ後方まで最前列の踊り子と均一の音がきれいに聴こえますが。
沿道の観客に向けては音が拡がらないため、真横ですごい迫力!とはならないのです。
また風に弱く、音が流されやすい。
設営の際に特別な揺れ止めをしないと安定度が悪く、地方車では移動に気をつけなくてはならない。
それでも、今年の、よさこいでは、たぶん10チーム以上のラインアレー系スピーカーを発見しました。
今後、ますます「踊りの美しさ」を競うチームには浸透してくるでしゅうね。
ちなみにX-LINEはローリングストーンズが現在ワールドツアーに使用している機種です。
この普及機として発売されたXLCは「ゆず」をはじめとする多くの国内アーティストのツアーで使用されています。

パワードスピーカーについて

良い音を出すためには、そのスピーカーの出力数に合ったアンプが必要になります。
あまり誠意のない業者さんの場合だと、スピーカーは充分な数を載せているのですが、スピーカー同士をケーブルでつないで、最後にアンプに繋いでいたりします。
まっ簡単には言えないですが、例えばアンプを分けてそのスピーカーの力を1+1で使用できるものが。1.6程度に落ちたりします。ここらへんのチェックはなかなか難しいものです。
で、こうしたことが起こらないようにするための一つの方法としては各スピーカーに適応するアンプが内臓されているタイプのスピーカーを使用することです。
メイヤーやTOAではそうしたスピーカーがあります。
このアンプ内臓タイプ(パワードスピーカー)の利点としては、
仕込み時間がやや短縮できる。
地方車の限られたスペースをやや節約できる。
があります。

スピーカーのメーカーによって異なる音色

誰もが共通して言うことですが、JBLの60の音色はパワー感、気持ちの良い音を出す名機です。
例えば、久保田利伸やJAY-WALKなどの唄もので使用されると、その音色の良さよく判ります。
しかし、これは既に30年前のシステムです。よさこいのような大音量を必要とする現場では、既に限界があります。

以下は、このJBL60の音色を基準としての、筆者の「中途半端」な感想です。(笑)

60に近い音色のスピーカー

マーチンオーディオのスピーカーかな?子どもとかの参加者がいるチームにはお薦めです。中音がたいへんきれいです。
変な書き方になるのを承知で書くと、「生音」の再現性が優れているかな。ずっと聴いていて、耳が疲れません。

ガリッた音

コミュニティ エアフォースシリーズ
ちょっとくらい雑音ぽいひずみ、と言うか。デジタルな音ながら、グイーンとパンチの効いた音が出ます。
ROCKぽい音です。BENNIE-Kとかのライブとかのイメージかな?

メイヤー

先に書いたパワードスピーカー以外にも、このブランドにはたくさんの名機があります。 「ほにや」さんはメイヤーの6番を使われていますね。
あれってワイドサイズが大きいので地方車制作担当の方は苦労されているでしょうねー。 癖の無い音で、安心して聴いていられる音質です。

以下、ここのスピーカーの感想は、時々、更新してゆくつもりですー。

最後に、当然ですが、どんなに良い機材を準備してもオペレーターの技量が低ければ、どうしようもありません。
自慢になりますが(もう開き直りです)はっきり書いておきますが、当社が手配しているオペレーターは現役の「斉藤和義」「上戸彩」「渡辺貞夫」「オルケスタ デ ラ ルス」かつて「ARB」「ブルーハーツ」「ドリフターズ」「ダ・カーポ」「PERSONZ」のオペレーターです。
うち2名は、PA学校で教師もしてます(笑)

音源、機材、オペレーターの三拍子そろって良い音になります。

12月吉日 有限会社キャットキッズクラブ 岡本直也

topへ
■音源について


「よさこい音源の作り方♪」
まっ音楽ですから「感性」の問題なんで、好みで、どんな音楽でもいいじゃないー。て言ってしまえばそれまでなんですが。

それでも、ここらへんは抑えておいた方が良いよ。という基本を書きます。参考にしてくださいね。

まず、最近のよさこいは「和風」が主流ですが。和太鼓の音はPAでの再生には向いていません。
これはアナログ音がデジタルで再生する機材との互換性が低い。というだけでなく、そもそも再生しづらい音なのです。
なので、よさこいの場合は打ち込み音は「和太鼓」に近い音色のドラムの音で造ってゆくことが基本となります。

で、よさこいの場合、隊列が長いと。「本来、後方30m程度まで音が届くこと(一般的な2000人までの県民ホールなど)」を前提に造られているスピーカーでは。おのずと均一の音量が全ての踊り子に届くはずもありません。

そこで、届き易い音(高音)を、曲の中の何箇所かに「きっかけ」として入れておいて、踊り易い曲づくりをします。
でも、それも過ぎると、ティンパレスなど鳴り物、三味線の音だらけになってしまって、耳に痛い音になります。

しかしベース音はPAでの再現が難しいですから。こうした音はメインメロディを奏でることはあきらめることが無難です。
なので、どうしてもキーボードの音でメインメロディを引っ張ってゆくことになります。
この音色造りでアレンジャーのセンス及び、所持している音ネタ(ソフト)のクオリティが判ります。
全てがそうとは言えません、良い楽器が無くては良い音は出ません。ですから、音源の制作を依頼する時には、そこのスタジオの機材のクオリティとアレンジャーのセンスの両方を吟味すべきです。
いくら良いPAを使用しても、音源がクリアでなくては良い音が出るわけないですから。

で、ベース、和太鼓などのMID LOW(中音域)とLOW(低音域)に同じメロディを入れておくと。きれいに再現できるようです。
具体的には300Hzと100ヘルツのあたりにです。

これらの基本知識を基に、例えば。4分間の曲を造ると決めたら、

オープニング(スケール感を出す)  45秒
メロディ(スピードあり)      40秒
女踊り(スロー)          30秒
男踊り(スピード)         30秒
メロディ2(リズム繰り返し)    30秒
クライマックス(盛り上がり)    65秒

などと大まかに割り振って、構成を考えてゆくと良いですよね。

よさこいに於ける良い曲とは「踊り易い、聴こえ易い曲」です。

2006年12月吉日 有限会社キャットキッズクラブ 岡本直也

topへ
■PAマイクについて

『40万円のワイヤレスマイクより、
1万円のワーヤード(有線)マイクの方が上! 』

よさこい祭りに於いて、地方車の上からの「掛け声」「MC」役はパフォーマンス重視から、ワイヤレスマイクを希望する場合が多い。
しかし、知っておくと良いのは、40万円のワイヤレスマイクより1万円の有線マイクの方がはるかの音質は良く、しかも(当然ながら)安定性も高いのだ。
話が逸れるが、1万円のマイクとは、SHURE58のこと。プロは「ゴッパー」と呼びます。
58はかつては7万円程度だったのですが、今では量産化されて低価格になったのですが、その優れたクオリティによりコンサートの世界に於けるスタンダードとして重宝されています。
ARBであろうが、大塚愛、中島美嘉でもプロは58を使います。但し、広い会場ではパフォーマンス優先のため58のワイヤレスですが。
そんなわけで、何が言いたいか?というと。どちみち狭い地方車の上で使うだけであれば「間違いなく有線マイクの方が良い」ということです。

『ワイヤレスマイクに於けるトラブル例など』

ワイヤレスマイクを使用する際には、簡単に書くとミニミニFM局をそこだけに臨時で造るみたいなものです。なので、周波数を決めなくてはいけません。大きく分けるとA帯とB帯があります。
A帯は事前申請が必要で、有料になります。なので、よさこい祭りでは、テレビ局が中継のためなどに使用します。
B帯は無料ですが、使用可能な周波数は無限にあるわけではありませんから。どうしても混雑している競演場などで、同じ周波数を使っている地方車同士が居合わせると、隣チームのMCが自分たちのチームのPAから出てしまったりするトラブルが発生します。
標準的なPAオペレーター同士であれば、競演場での待ち時間に前後チームのオペレーター同士で挨拶を交わして同じ周波数にならないように譲り合います。しかし、待ち時間など打ち合わせを出来る時間が無い場合もあります。まっここらへんは「祭り」ですから、多少のトラブルも「祭りらしさ」でいいんじゃないか?と考えるチームもあれば、賞狙いでピリピリしているチームもありますから、何とも言えませんが。
このようなトラブルを避けるためにも、なるべくなら有線マイクをお薦めします。

2007年2月吉日 有限会社キャットキッズクラブ 岡本直也

topへ
■PAさんとの関係

PAオペレーターさんに気持ちよく仕事してもらうために!

今から書くことはお願いです(笑)。ここに書いてあることを読んで実行すれば、より良いPAオペレーターさんとの人間関係を築けるでしょう(笑)

1、地方車に階段を付ける。
  熱心なPAオペレーターほど地方車から降りて、音の聴こえ具合を調べます。
  こんな時に、いちいち脚立を設置しなくてはならないのは辛いです。

2、地方車に屋根がある。
  これは予算やデザインにも関係しますが、せめてアンプ類の上には雨対策が施されていることがうれしい  ですね。高価な機材を載せているわけですから。

3、ケーブルを踏まない!これは、よさこいに限らずですね・・。PAや照明さん的にはケーブル踏まれると結構、ムッとするもんなんです。
  プロの使用するケーブルて、高価なだけでなく。踏まれることによって、断線や電圧低下によるトラブルの可能性を心配しているわけです。
  まあ。かく言う私も、特効の現場でケーブルを踏まれたりすると・・辞めてくれ。と無愛想に言って
  しまいますね。だってそのせいで、発火しなければ・・こちらの責任なのですからね。

4、地方車の中を荷物置き場にしたり、踊り子用の巨大クーラーボックスを置く。
  上の理由と同じなのですが、とにかく感電とかも避けたいですから。

5、意味なくワイヤレスマイクを希望する。
  よく簡単に「ワイヤレスマイクを3本お願いします!」とかオーダーされますが。
  自分たちが自由にパフォーマンスをしたいだけ?のための絶対!必要てほどで無いワイヤレス。
  これはねー知っておいて欲しいのですが、40万円のワイヤレスマイクよりも1万円の有線マイクの
  方が、はるかに音質が良くて、安定したものを提供できるのだ。
  だから。よさこいに慣れているMCの人とかは有線マイクでされてますよね。

2007年2月吉日 有限会社キャットキッズクラブ 岡本直也

topへ
■プロの機材とテクニカルの凄み

民生機(一般家電)とプロ用機材の違いについて書いてみます。
判り易くCDプレーヤーの違いとかを説明します。CDプレーヤーは本来は音飛びし易いので、本番ではMDにダビングして使用するため、あまり使いませんが。
それでもMDよりCDの方が音質的には当然、音域も拡いので、使用できる場面に於いては、なるべくCDプレーヤーを使うことを推奨します。

で・・・プロ用のCDプレーヤーの高級機種の場合ですが、読み取り機能が前後25秒もあったりします。つまり25秒以上の揺れが連続しない限りに於いては基本的には音飛びしない。ことになります。
これが家庭用CDプレーヤーだと0.5秒程度しか読み取り幅が無いので、僅かの揺れでも音飛びをしてしまうことになります。

またメンテナンスでもプロは内部を開けてレンズをクリーニングする。そして揺れへの対応として、フォーカスをトラッキングして、GAINを調節したりもします。
もちろん当社でも「練習用PA機材」をレンタルする前には調整を済ませてからお渡ししております。

そして、CDプレーヤーとミキサーをつなぐケーブルもRCAピン、ホーンジャックを使用できるものを準備します。

もちろん、これらの違いを聴き判けることが出来る方は少ないかも知れません。
また、「音が出ていれば良いんだから」と言われる方もいらっしゃるでしょう。
更に(これが一番肝心なのですが)良い音が出たからと云って¥5000-余分に請求できるものでもありません。(笑)

でもねー良いんです。恐らくCKCの目指していることは自己満足かもしれませんが(笑)誠実で適価だと云うことが少しでも知っていただければ(笑)

2007年6月吉日 有限会社キャットキッズクラブ 岡本直也

topへ
■よさこい祭りに効果のある曲

よさこい祭りに効果のある曲

その後、音源制作の話になって。
「高知は、(岡本さんは)そこまでのレベルを要求しているかもしれないけど、県外
では、まだまだそこまで行ってないから。それは考え方だけど、安くてそれなりのものでも充分通用するからね」うっうっーん。まっそうなんだろうけど・・安価な機材で仕上げたものと、高価な機
材で、スタジオでマスタリングして仕上げたものでは音質音色ともまったく違うにも関わらず、金額だけで比較されるのは許せないですね。じゃっ当社も安価に造ろうかな・・別にそれで良い。て言うのなら、「プロの意見」をうるさく言うつもりも全くないし。
でも、高額?なものには理由があることを知っておいて欲しいですね。
あっ一応、相場を書いておきますと。安い!てのは10万円まで。
高い!は30万円からかな・・
何回かリテイクを依頼すると、1回につき2万円UPとか要求するところもあります
から、最初にリテイクの回数やそれを上回った場合の1回あたりの金額も話し合って
おくべきです。
それと、スタジオで仕上げるもの。一部の楽器、歌声を生演奏することによっての、
その録音費用なども掛かりますから、それらの状況によって金額も変りますからね。

今年(去年あたりから?)の傾向としては大河ドラマ風のオーケストラ仕立ての曲が増えて来ました。
ですが、それらの曲は狭いスタジオや車の中で聴くには良いかも知れませんが。それは本当に、よさこいに向いている曲でしょうか?
よく「音は大事だから高額なPA機材を乗せた」という会話を聞きますが。無い音は出ません。
オリジナルの録音状態が悪い。自分たちで安価なデッキでCDからMDにダビングしたものを持ってくる。こういうことでは良いPAの意味がありません。
話を元に戻します。大河ドラマ風の全般にフラットな造りの曲。リズムを刻んでいる
音が少ない音。骨の無い曲。こうした音源を渡されても出来ることに限りがあります。

よさこいの曲づくりをしている方や依頼者は、大規模なPAで鳴らすことに向いている曲づくりをもっと検討する時期に来ている。と思います。

先日こんなことがありました。例のサブウーハーのデビュー戦の現場でしたが。あるチームのよさこい踊りの披露がありました。
渡された音源はマスタリングが施されていないのではないか?と思うほどのおかしなものでした。
しかるに、彼らのチームの世話役に聞いた話では、「良いPAを積みたい」と77万円!!!もの費用である業者さんに依頼しているそうです。金額の凄さもさることながら。この音源では高額機種である必要がありません。そりゃ商売ですからお客さんが「売ってくれ」と言われれば売ることは悪いことではありません。しかし私なら事情を説明して無駄な出費を抑えさせます。そこで信頼関係が出来るんではないでしょうか?
自慢になりますが、私はつい2日前も18万円の仕事の依頼を費用対効果を考えて、辞めさせてしまいました(笑)やればいくらかの利益が出ます。子どもにあれをかってやれるけど(笑)
でも効果の無いものにお金使わすことは出来ないでしょう?

topへ
■機材紹介メイヤー


国士舞双2007
PA XLC LOW4本 MID HIGH 6本 パーライト12発+ミニブル2発
    
新しい主流となりつつあるラインアレー系スピーカーの代表的なXLC
(Electro-Voice、XLC-127×6 XLC-118×4)の積み込み例。
よさこいの地方車にはたいへんきれいに四角に収まります。ただ、積み込みに対して安定性に乏しく、看板施工業者さんとの密な連携が取れていないと現場でたいへん困るスピーカーです。
PC通信で、システムのヴァージョンアップをしてゆくことが出来るのも凄いですが。
今年は新しいアンプが開発されて2006年に比べると飛躍的に押し出しの強い音になりました。


SUNNYS2007
 PA Meiyar LOW 2本 MID HIGH4本 64パーライト 16発

名機、MSL−4です。何と言っても仕込みが早い!省スペース。そしてスタンダードな音質です。
一時はモーニング娘。から東京スカパラダイスオーケストラ、中村美津子まで(笑)
このスピーカーでした。
唄ものに適しているスピーカーです。

topへ
最近の記事
キャンペーン
 
スポンサー
衣装を安くかっこ良く作るなら
デザイン持ち込みも団体様も安い!
半纏(法被)腹掛・股引・足袋・江戸一『お祭広場』
半纏(法被)腹掛・股引・足袋・江戸一『お祭広場』
topへ